スポンサーサイト

  • 2017.08.02 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    <東松山少年事件>17歳少年、傷害致死で起訴 裁判員裁判で審理へ

    • 2016.10.22 Saturday
    • 00:29
     埼玉県東松山市の都幾川河川敷で井上翼さん(16)の遺体が見つかり、傷害致死の疑いで14〜17歳の少年5人がさいたま家裁に送致された事件で、さいたま地検は21日、検察官送致(逆送)された東松山市の無職少年(17)を傷害致死罪で、さいたま地裁に起訴した。成人と同じ裁判員裁判で審理される。井上さんへの傷害致死事件で少年が起訴されたのは初めて。<br> <br>  起訴状などによると、17歳少年は8月22日午前2時50分ごろから4時45分ごろまでの間、ほかの少年らと共謀し、井上さんに対し殴る蹴るの暴行などを加えて意識混濁の状態に陥らせて川に沈め、溺死させたとされる。地検は認否を明らかにしていない。<br> <br>  事件前、井上さんを遊びに誘ったものの断られて立腹、集団で暴行に及んだとされる。井上さんの遺体は翌23日午前8時ごろ、全裸で下半身と上半身の左側が砂利に埋まった状態で発見された。<br> <br>  17歳少年について、さいたま家裁は今月12日に「年長で最も発言力が強く、5人の中で主導的な立場だった」などとして、検察官送致していた。<br> <br>  いずれも中学3年の川越市の男子生徒(15)、東松山市の15歳と14歳の男子生徒の3人については初等・中等(第1種)少年院送致とする保護処分を決定。残る東松山市の無職少年(16)は今月25日まで、観護措置が延長されている。<br> <br>  県警によると、5人のうち2人は東松山市を拠点とするカラーギャング「パズル」に所属していた。県警は事件の背景に暴力性を伴うグループの存在があったとして、メンバーへの更生を指導。窃盗容疑などで14人のうちリーダーを含む7人を逮捕し、組織を解体した。

    JUGEMテーマ:裁判員制度



    スポンサーサイト

    • 2017.08.02 Wednesday
    • 00:29
    • 0
      • -
      • -
      • -